戯言

何かで千里中央が終点じゃなくなると見かけた。どういうことかと思ったら箕面まで延伸するそうな。
さらに知らなかったのだけど、千里中央って御堂筋線じゃなくて北大阪急行なのね。御堂筋線は東急ハンズの江坂まで。北大阪急行って儂がこっちに来てから出来たのかと思ったら、さにあらず、生まれる前からだったのだな。そっか、あの微妙なカラーリングの車両は御堂筋線じゃない電車だったのだな。

【北大阪急行】2020年開業予定の「新箕面」「箕面船場」に行ってきました
箕面といってもさすがに阪急とかには繋がらないのね。

そういえば、高校3年の夏休みは千里の駿台に行ったなぁ、まだあるのかなと思って調べたら、千里中央じゃなくて緑地公園でしたね。25年も前の話。
まだあるみたいなんだけど、検索して気になるものが引っかかった。

駿台・浜学園なるもの。浜学園といえば、小学生の頃は難関中学入試向けに結構無茶な勉強させる塾、みたいなのを聞いてたけど(効果抜群)、その後分裂したような。それもあって吸収合併されたのかなと思ったら、本体は本体で残っているような。
駿台・浜学園について | 首都圏難関中受験塾 駿台・浜学園

少子化睨んで駿台の余った不動産で浜学園のサービスを提供するのかな?代ゼミはどんどん閉鎖してるとかいう話だし。

見ているサイトの中で一番ユニークユーザの多いサイトでは、現状 Chrome がトップ、その次が Safari で Edge+IE でも3位だ。しかし Firefox となると3%に満たない。

Netscape から Firefox という歴史の中で凋落の一途ではあるが、強引に日本語化して Netscape を立ち上げたのは、もう20年も前になる。思えば20年の付き合いがあるわけで、その中で profile を失ったりしたことはあったけど、基本的には設定を引き継ぎながら使ってきた。秘伝のタレみたいなもんやね。

とはいえ、現在のメインの Browser は Chrome。Firefox は何というか習慣的にチェックするニュースサイトを見たり、このブログを書いたり、後は仕事でブラウザチェックに使うぐらい。Firefox の大きな特徴の一つだったアドオンも、ここ2年ぐらいは新しいものを入れてないと思う。

そんな中で、先日 Firefox 57 が出て、爆速だと言うので久しぶりにアップデートしてみた。

確かに凄く速い。Chrome を超えてる(OSXで)。なんだけど、まず大半のアドオンが効かなくなった。これで随分メモリを使っていない気がする。と、Firefox を使い続けていた大きな理由の1つである GreaseMonkey Script がいくつか消えていた。Chromeにも Tampermonkey という同様のアドオンがあるけど、とはいえ自作のスクリプトを移植するのも怠くて Firefox で使い続けてたりしたものだ。あと、いくつかのリンクやブックマークをクリックしても遷移しない、特に新しいタブを開いた後は結構な確率で、など挙動不審だったので、結局 56 に戻した。

のだけど、Greasemonkey のスクリプトは戻らなかった。さらに編集方法とか変わってるし。

Firefox Quantumで使うならこれ! Firefox 57の代替アドオンを紹介するエントリが人気

昔ならフルリセットして0からアドオンとか入れ直して見るんだろうけど、もうね。個人的には速くなったから戻ろう、ではなくて、更に Chrome への乗り換えを押し進められたような感じ。

今日は朝から緊急対応2件ぶち込まれて14:30まで戦ってたのでお茶を濁す。

All Blacks great Dan Carter poised to sign lucrative Japanese club deal

マコウさんと並んで All Blacks の Super Star だった Dan Carter が日本に来るとフランスで報道されてると。
ラシンを辞めるのは確かみたいで、次の行き先が日本なのでは無いかと。

サッカーと違って、ラグビーの場合は外国人選手の移籍の噂は大抵実現するのだけど、本当かいな。ま、やって来ても怪我で出られない、すぐに帰っちゃう、ホームシックなど色々あるけどね。SBWとかムリアイナとか。両方NZやないか。

どうせサントリーなんだろうなぁ、と思いつつ、来たら World Cup に向けて良いニュースではあるよね。
エリスさんが神戸に呼び寄せてくれてたら嬉しいけど、本体がね…今日も銅管でも不正がとか言ってたし。でも神戸に来ねぇかなぁ。カーター。

今日は大雨でも無いけど微妙な天気で徒歩通勤が出来なかった。

先日、台風一過でやっと晴れたので徒歩通勤していると、急に路面が水浸しのエリアが。
通勤路沿いのマンションに、心中「妖怪水掛ババア」と命名している管理人オバチャンがいて、雨の翌日でもなんでもビッチャビチャになるまで水を撒くんだけど、そこよりもっと先。

「なんで台風の翌日にこんなに水撒くかね」と思ったんだけど、よく考えたら暗渠だった。

大抵、暗渠は家々の裏側にあるんだけど、この暗渠は古くから地下にやられてしまったのか、面して建てられた家もいくつかある。とはいえ、元は川なので家が建ってる場所は土手。斜面になっているところに無理に家を建てている感じは否めない。
ごっつい擁壁の上にあるのとか、1階をガレージにしてるけど家に入るには結構急な階段を上らなければならないなど。
更にはこうして大雨の後は、隣家との間から水が水道のようにジャージャーと迸る。結構新しい家もあるのだけど。

固定資産税の決して安くないところに、わざわざどうしてこんな無理して家建てるかな、と思うけど、都内に一軒家を、という夢なんだろうか。古くなった擁壁の補修とか大変よ。水路の上に建ってるようなもんだしね。

と、他人事ながら色々考えて濡れてない道を選んで歩いたのでした。

顧客から3千万円横領か 福岡中央銀の男性行員を逮捕

筑紫野署などによると、酒造容疑者は平成26年7月から昨年12月まで、同支店で男性の口座を担当。

まあ凄い名前。と思ったら案外関西に多い名前らしい。見たまんま酒関係由来の苗字だとか。

酒と言えば、10万の酒の話が。
「楯野川 純米大吟醸 光明」なる酒、税抜10万円。売りは精米歩合1%です。

20年ぐらい前に獺祭が二割三分ってのを出して、それなりに話題になって、まぁ、2割台はそこそこありましたかね。
近年は1割台を標榜するところもあって、逆にくず米とどこが違うんじゃろとか、本当に心白を取り出してるのなら割れないのかしらとか色々思うところ有ったわけですが、1%です。

で、やっぱり色々言われるんでしょう、FAQがありまして。

「精米歩合 1%」に関するご質問へのご回答
PDFですがね。日本語がファイル名に入っていて更に半角スペースが入ってるのが凄く気持ち悪い技術屋です。

で、最後に写真が載ってて、玄米と1%精米の写真。

1%ってことは1/100 なのですが、そうすると三乗根とって辺あたり 1/4.65 位ですよね。大体20%。
もちろん玄米は扁平で精米後は球に近い訳ですが、一番比率が大きくなりそうな長辺で20%ぐらいに見えるんですが。
2%は有る気がしますが、まあいいか。

残高確認状に対し返送を拒否される、という事案について : 監査役ニュース

取引先が増えてくるとポツポツ出てくるのよね。急に見知らぬ監査法人から封書が来て「XX社のN月末に於ける債権債務は下記の通りかどうかご確認ください」っての。

仕組みとしては上記リンクが書いてるとおりで分からん訳でもないのよ。架空の売上とか経費を社内の誰かが悪いことして計上してたりするかもしれないから、本当にこれこれを発注してますよね、とかそういう確認を取引先にするっての。

ただ、受ける側からすると確認作業だってコストがかかるわけだし(要はかったるい)、何より担当者じゃなくて社判を押して返せって書いてあるんですよ。となると、社外へ向けての公式な書面になってしまう。

一度、ビル管が残確送ってきて放置してたら監査法人から電話かかって来たので「これ、もしうちの確認が間違ってて返送したらどうなるんですか?うちが何かの責任を負うことになりませんか?」って聞いたらアシスタントなのか若い女の人が電話の向こうで「え?え?」みたいになってた。
きちんと対価を頂いた納品物としてハンコ押した書類を提出するのは分かるけど、無償で作業してリスクを負うのっておかしくないでしょうかね?

ということで、今後は残確には出来る限り対応しない所存でございます(誰に向けて書いてるのか)。

導入前にも書いたのだけど、実際にヤマトの新しい配達指定時間が運用されて半年が経った。

20時〜21時の指定が無くなって19時〜21時のみになったので、案の定、少なくとも拙宅では非常に非効率になった。
真っ直ぐ帰って19時に着くかどうか。少し残ったり、買い物して帰ったりすると19時15分とか30分とか。運が悪いと不在票が入っていて、ドライバーに直電できるのは19時までなのでNG。一度ダメ元で掛けたけど鼻で笑われた。

ドライバーは荷物持ってくるけどいない、こっちは受け取れない、双方に良いこと何もないんだけど、それでも全体で見れば効率化されてるのかしら。20時〜の時は確実に受け取れていたのに。

どうも一連の報道と諸々の変更以降、サービスの質も下がっているし(時間がどうこうじゃなくて、カスタマーサービス等)、そもそも売上の原資である客を切るような経営って経営者としてどうなのかと思いますね。安く受けて、その後しっかり営業力で単価上げていくのなら戦略としてありだけど、安く受けて、やっぱり無理ですごめんなさい、契約切りますって学生ベンチャーなのかよ、って感じ。

じゃあ他の業者がちゃんとしてるかっていうとそうでもなかったりするから、業界全体にサービス過多なんでしょうが。

九州旅行を締めておかないと。

雨の長崎から雨の福岡に移動して翌日曜日は朝から雨だったのが昼から晴れ間が出てきた。台風は過ぎ去ったようで風は強かったけど。
愚弟夫妻の提案で、糸島の牡蠣小屋に連れて行ってくれると。

以前行った牡蠣小屋は酒蔵に糸島から出張してきたものだったので、本場は初めてである。義妹曰く「駐車場が綺麗になってる」「有料だったジャンパー(灰がかかるので)レンタルが無料になってる」ということで、羽振りが良さそうな住吉丸というところであった。本当は11月かららしいのだけど、10月最終週ということでオープンしてると。

シーズン前ということで小ぶりなんだそうだけど、十分ですね。栄螺も美味かったです。
そういえば、ここでウチワエビに再会。丸ごと焼くのだけど、皿の上では凄く大人しくて死んでると思ってたら網に乗せた途端暴れ回りまして、凄い力で抵抗するのをトングで押さえつけるという残酷な任務を遂行しました。鉄板に乗せられそうになるリンを思い出しましたね。分からない人は北斗の拳を読もう。トキが出てきてすぐぐらいだったと思う。

腹も満ちて、すっかり晴れ上がった空の中、東へ戻る途中に二見ヶ浦というところに寄ってくれた。伊勢のように夫婦岩があって伊弉諾と伊弉冉の兄妹が祀られているんだとか。普段は穏やかな渚らしく、白波が砕け散る夫婦岩は珍しかったようだ。
強風の中、結婚式で流す用ビデオだかスチルだか撮ってるカポーが居て大変そうでしたね。ご苦労さんです。

この後、もう一箇所ぐらい、と言っていたのだけど渋滞も怖いし、早めに空港へ送ってもらうことに。1745発の便を予約してあったが、16時半ぐらいに空港に到着。

福岡空港はサグラダファミリアか横浜駅かというぐらいに長々と大規模な改修工事をしているのだけど、今回行ってもまだ終わってなかった。おかげで土産物売り場が狭かったり、待合の席が少なかったり、降りる客と乗る客が同じゾーンで移動したり。

で、時間も有るし、ゲート前は席が少なくて混むのでゲートまで行かずに手前の空いたエリアで時間を潰し、17:30ぐらいにゲートに行った。もう既に行列が出来ていて搭乗が始まっていて、出遅れたかと思ったけど様子がおかしい。

「欠航」とな。

とりあえずゲートを通って、そのまま外に出されるらしい。ゲートでオネーサンが紙を配っていて、すぐ前のオッサンがオネーサンにゴチャゴチャ言ってるのを無視して紙だけもらって読むとオプションは3つ。
  1. 全額払戻
  2. 別のSKY便に変更。今日の便が手配出来なかった場合は宿泊代を1万上限に出します。
  3. 別会社の便に変更。宿泊代は出ません。
なんとまぁ、ということで外に出て SKY のゲートに行ったら既に長蛇の列。見切りを付けて歩いて行くと、JALのカウンターが。その向こうがANAの様だけど、ここは一か八かJALに並んで見る。ざっと見たところ20人ぐらい並んでいるか。

いやー、今日中に帰れなかったら面倒くさいなぁ。会社に土産買わなきゃなぁ、とか考えていて、そもそもJALに空席があるのか不安になってきたのでスマホでチェック。便利な時代よね。

見ると、2便空席があるということでホッと一安心、したところで気付いたけど、このまま予約出来るやん、と。おー。

ANAも出来るやん、と調べたら ANA の方が早い便がある(気がした)ので、そのまま予約して決済までしてそっと列を離れた。後ろのオッチャンは不思議そうに見てたけど。その後すぐに「スカイマークの本日の便の空席はありません」とのアナウンス。ギャンブルに買ったようだ。

緊急時って頭回らないもんだなぁ、3分か5分かぼけっと並んでたもんなー、と反省。

取れた便は19:20で、1時間半ほど暇だけど特にやることもないので、2回目の手荷物検査を受けて待合へ。帰ってから飯作るのも面倒だからラーメンでも買っておくか、と買ってぼけっとしてたら「機材の到着が遅れたため30分遅れます」と。かまへん、かまへん、と悠長に待ってたら「航空管制の指示で40分遅れます」と。どうやら、福岡-羽田間のお空に飛行機が沢山飛んでるそうです。ちなみにこの時点で台風は静岡沖から千葉沖だったと思う。

こうなってくると、家帰って晩飯食う時間もないので、と思ったけど手荷物検査の内側はろくに食べるところがないのよね。これも工事の弊害かしら。簡単なスナックとかラーメンとかのスタンドはあったけど早々に closed、ということでポテチとコーラで飢えを凌ぐ。アメ人かよ。

座り疲れてようやく搭乗、静岡沖からゆっくりと大きく蛇行して時間稼ぎしてたけど、乱気流には巻き込まれず無事に到着。自宅に着いたのは23:30。そのまま寝たかったけど余りに空腹なので、白米に佃煮乗っけたのを貪り食って寝ました。

たまにドバーッと仕事が来ることがあるのよね。もう、ここ5年ぐらいは無理しないように配分してるつもりなんだけど、決算の確認とかしてる途中で「Ruby1.8 で誰が書いたかも分からないツールの修正を緊急に」「来年6月スタート予定の案件の見積を」とか、そんな雑多な割り込みが入ってきたりする中で日経平均が凄いことになったりして株価見なきゃいけなかったりして1日があっという間に過ぎてしまう。ということで忙しかった。

三連休の中日、土曜は早めの昼食を取って横浜へ向かう。

京急で横浜、JRに乗り換えて小机…と思っていたら京急に乗った途端に人身事故のお知らせ。三崎口行きが金沢文庫行きになったが、数分後に再び三崎口行きとして復活した。「定刻通り運行しておりますが、この先どうなるか分かりません」と言いつつ柔軟に運用する京急、流石である。見習え鹿児島本線。

ということで、代表戦を観に行く途中で人身事故に遭うのは3回目である。秩父宮ならどうにかして行けるけど、味スタ、レベスタ、日産スタと秩父宮以外の代表戦では結構高い確率のような気がする。

西ゲートからだったので、新横浜で大量に降りる人々を横目に小机まで。降りたらホームが人でギッシリだが飛田給で良くあること。出てから歩くが暑い。

日本協会の情報発信力は随分マシになったけど、試合当日の情報等はサイトの導線がメチャクチャで分からない。先週のレベスタの時は臨時バスがあるのかどうか分からなかったし、今回も手荷物検査が有るのか無いのか、ペットボトルがOKなのかダメなのかなど分からなかった。サッカー協会とかJリーグを見習って欲しい。

結局ペットボトルはOKだった。多分、瓶・缶がダメだったんじゃ無いかな。

実は日産スタ初めてです。「2階席 [7F]」という謎表記。グルグルと階段を上がるのだけど、暑い。

外を見るとワラワラと集まってくるアリ共。開始30分前ぐらいに着席。

収容人数7万以上というのは伊達ではないですね。これなら決勝出来そうだ。

試合は大方の予想通り、Wallabies に玉砕。30-63。ただ、後半は1点差だった。

前半の日本代表はつまらない反則を悉く得点に繋げられるというレベルの低い状態。ノーバインド、ハンドなど回避出来るはずの反則で、Wallabies は確実に得点に繋げる辺りが流石。特にラインアウトからのサインプレーが綺麗に決まったのは見ていて気持ち良かった。ジャパンは良いところ無し。特に前半最後の中途半端なキックを特にチェイスもせずにカウンターからトライを取られたのは蹴った瞬間に「ああダメだ」と思うぐらいダメで、残念なプレーだった。

後半に入ってもタックルミス1つから大きなゲインを許してしまうのは先週の World XV戦と同じ。前にでるディフェンスは評価出来るが、抜かれてしまうと止める術が無いのは走力、体格差で仕方無いのかな。一方で、ジャパンのカウンターは悉くライン際に追い込まれていて、取れたトライはFWがゴリゴリいったのだけだったのではなかったか。
後半の規律、ディフェンスは良かったのかな。ただ、Wallabies は深めのアタックラインで突っ込んでくるディフェンスをいなすことも出来たはずだけど、最後までフラットのラインで攻撃してきていた。この辺りは胸を貸す余裕なのか、何か試したいことがあったのかという感じ。

ゴール裏が結構空いていたけど4万超え。よく入りました。
強豪と言えばトンガ辺りが来てくれれば御の字といった一昔前から考えれば、天下のオーストラリアがヨーロッパ遠征の立ち寄りとは言え、ほぼフルメンバー(ハーフ陣は1本目じゃなかったけど)でやってくれる時代がくるとはね。本当に良いものを見ましたよ。全体に格が違ったけど、中でもLOコールマン、CTBクリンドラニ辺りが良い動きに見えました。

試合前には暑かったのに、前半の終わり辺りから怪しい雲が広がって寒くなり、最後は薄手のコートを着てても寒いぐらいでした。スタジアムを出るのもすんなり、小机までは少し遠回りしたけど電車にもすんなり。

1.5万人ぐらいでもスタジアムから出るのが大変な味スタでのワールドカップ開幕戦はどうなるのかしら。交通規制して1階からも出られるようにしたりするのかなぁ、などと思いながら帰りました。

このページのトップヘ