戯言

WBCで日本が負けたそうな。

日本で試合やってた頃はジムのテレビで試合やってることがあった。ジムなので音は出て無くて、代わりに字幕が出てた。

字幕で見る野球解説ってのは至極アホっぽい、というと失礼なのかもしれないけど、情報量0の掛け合いを解説とアナウンサーがしているのが良く分かるので一度試されると良い。実況以外は感覚とか気分とかそんな話ばっかりしてる。パリーグの選手のことあんまり知らなさそうなのが明らかだったり。

一方でアメトーークの野球好き芸人みたいな会だと出てくる話は興味深く、内容も濃かったりするので、そう考えると元プロ野球選手は野球するのが好きだったんだろうけど、見るのはさして好きでは無いというか、もちろん嫌いじゃないだろうけど興味としては一般視聴者と大して変わらない深さなんだろうなと。

見る方のプロがいるはずなんだよな。例えば専門誌の編集者とか、元審判員とか。用具や統計に詳しい人間とか。後、子供の頃にやってた野村スコープのような配球の解説は良いと思うんだけど、なんで広まらなかったんだろうな。元ピッチャーとかキャッチャーならああ言う解説も可能な筈なのに。

オイラがずっとNHKで見てたラグビーが、JSportsの解説陣で見たら目から鱗だったように、野球もちゃんとした解説つければ人気復活するんじゃないかしらねぇ。吉田義人じゃなくて小林深緑郎さんって感じで。藤島大は少々濃いめの味付けなので好き嫌い有るかと。

土曜は朝から少し体調が悪く、別に頭痛とか吐き気とかではないけど下半身に疲労感が(下ネタでは無い)。用事があったけどキャンセルして昼寝。17時前に起きて軽食を摂って出かける。

この時期の19時キックオフ、寒いだろうなと着込んで行ったら、電車の中で暑くなり、喉が渇いていたのでコンコースでコカコーラを買う。ビールは自粛。もう選手紹介が終わって入場するぐらいに席に着いたらコレオ合戦だった。

「多摩川クラシコ」とはマーケティングの狙いなんだろうけど、まぁ上手く行ってるんじゃないかしらね。この日も3.6万以上が入ったようで。

立ち上がりから川崎ペース。今年の東京は立ち上がりがよろしくない。川崎はSBが良く見えたけど、逆に東京の太田は1対1の勝負に拘って自滅する感じで調子悪いのかな、と。林のスーパーセーブが2回あって、もしかしたら3回かな、2点は確実に取られてた感じ。
良いとすれば高萩から中島というところの信頼関係が出てきていて、永井だけじゃなくて中島も裏へ走らせる攻撃が出来てきたところ。大久保にも以前よりはボールが出るようになったかな、と。後、この日先発の阿部はディフェンスが素晴らしかった。
最終ラインでは丸山が少しレベルの違い(悪い意味で)が見えてたのと、中盤ではハシケンが苦しそうでしたね。

ハシケンは1枚イエローもらってからも同じようなファウルを2度していて、川崎サポ的には退場だろ、というのもあったみたいだけど、この日もJリーグスタンダードなレフェリーで、後ろからちょっと当たって転んだらファウルなのかと思ったら、ガッツリ当たってもファウルじゃなかったり、その割に神経質でゲーム流れをぶった切って注意しに行ったり確認したり、まぁ J のレフェリーでしたので。

後半に入ってから川崎の最終ライン、特にSBが動けなくなってきたのか、サイドからの崩しが効くようになって、CBも疲れ気味なのかワンツー等について来られなかった感じ。1点目の阿部のゴールはラッキーな部分もあったけど、2点目は完全に太田が走り勝ってた。3点目は川崎も前掛かりだったからある程度仕方無いのかな、にしても最後は得点王同士の綺麗なワンツーで大久保さんも大喜び。これでイライラが払拭されれば良いですね、と。

鹿島と川崎に勝てたのは去年までとの違いかもしれないけど、ガンバにボロ負けしたように未だに不安定な感じがするので今後はどうなんでしょうね。とりあえずゲーム通して両チーム良いシーンが多くて単純に面白い試合でした。

御神本2年ぶり騎手復帰「応援してくれた人に感謝」
大して詳しく無いけど、年末の大井に行くと結構良い馬に乗っていた記憶のある御神本。昔から色々と問題行動のあるジョッキーだったらしいのだけど(外出禁止を破るのが多いとか)、最後は怪しげなナニを調整ルームに度々連れ込んで追い出されたとかいう噂話。それが復帰するそうな。腕は確かだが今度は大丈夫なんでしょうかね。

で、その流れでツラツラ見てたら
藤田伸二氏、ホッカイドウ競馬で現役復帰目指す
そうです。

そんなことも考えてるよ、ぐらいのようですが。

1年半ほど前にJRAの各所に喧嘩売るような行動とメッセージで引退した藤田ですが、確かに大きすぎない地方競馬の方が合ってるのかもしれませんね。とかいってると、また他のジョッキーと喧嘩したりして。まぁ復帰したら人気は出るのでしょう。良いことです。

「物件ファン」というサイトを絶賛する記事を見かけたので。

諸事情あって前から気になってるサイトではある。コンテンツとしては確かに面白いかも知れないのだけど。

例えばこのページ。
キラリと光る!ガラスに覆われた物件! - 物件ファン

画像の右下に suumo.jp とあってクリックすると suumo の当該ページに飛ぶ。何故かリンクは valuecommerce だったりするのでここのアフィリエイトで儲けてるのだと思うのだけど。

で、画像は https://photo.roomhub.jp/v1/image/roomhubusercontent/xxxxxx.jpg みたいな感じで roomhub.jp というドメインのサーバに置いてある。roomhub というのは「物件ファン」と同じく株式会社はてなが運営してるそうな。

さて、suumo ってのはリクルートが運営してる不動産情報サイトだけど、そこに載ってる画像や情報は掲載会社(不動産会社)のものである。もし、リクルートとはてなが何らかの契約を結んだとしても「出典:suumo.jp」として画像をコピーして自社サイトにおいて配信することが出来るんだろうか?
当然、不動産会社と suumo は契約しているし、suumo 上への画像の掲載は承諾しているはず。でも他のサイトに載せてもいいという許諾はしてないはずだ。
もし、不動産会社がはてなに対しても許諾したとしても(建前上 roomhub に掲載した中から審査して物件ファンに載せているらしい)、その物件情報(画像)を不動産会社が直接提供するなら分かるけど、suumo.jp からコピーして配信することが可能なのかなぁ、という純粋な疑問。

特に古い物件だとさらに気になる。
リズムを割り切り暮らすなら。 - 物件ファン
これなんかは suumo 上に情報が無いけど「出典」としてリンクが張られている。多分成約済み。もしくは売り止め。
既に賃貸や売却ではない物件の情報が出ているのは貸主や売主、それから現在居住中の人や買主にとってどうなんだろうか。間取り図や外装、内装写真が掲載され、一番下にはご丁寧に価格が書いてある。今住んでいる人がいたら「あの部屋 1680万だったんだって」ということが丸わかり。

あと、これが suumo 自体で掲載されていたら「オトリ物件」扱いになると思うのだけど「転載」されているのは問題ないのかな。

ちょうどキュレーションサイトで大炎上中の「永久ベンチャー」がある中、この辺りは明確に表示して置いた方が良い気がする。

オフィス来てPC見たら アップデートがあります、というので AppStore からアップデートしようとしたらログインを求められた。サインインか。
パスワードを入れると、iPhone に「承認を求めてるマシンがあります」ってので OK を押すと6桁の数字が表示される。
2段階認証を導入してるので、いつものこと。

で、普通はここでPCの方にも数字の入力画面がでて6桁入れてメデタシメデタシなんだけど、出ない。赤字で「パスワードに続けて…」みたいなのが出てくるだけ。キャンセルすると「間違ったパスワードが繰り返し入力されました」みたいなメッセージ出るし。試しに、最初から間違ったパスワードを入れると「パスワードが違います」的なのが出るので、パスワード自体は合っている。

なんじゃこりゃー、と思って色々と調べてたら、世の中には(OSX界には)「2ステップ認証」というのと「2ファクタ認証」の2つがあるそうな。で、2ファクタの方が新しくて El Capitan 以降は対応していると。
おっと、オフィスのマシンは開発用で面倒だから Yosemite のままにしているんだよな。OS上げると Java 入れ直しとか色々面倒だったりするから。とすると、家の El Capitan で2ファクタにしてしまったオイラのアカウントはどうなるのか。Yosemite では認証出来ないのか。
2ファクタ認証導入後のYosemiteマシンでのAppStoreサインインについて | 公式 Apple サポートコミュニティ

何と、パスワード+6桁数字を再入力してサインインするというトリッキーな技。確かに赤字の部分をそう思って読むとそう読めるけど…なんかMSFT的日本語でいけてないなぁ、と思いましたまる

「都税クレジットカードお支払サイト」で不正アクセス|東京都

なんでクレジットカードで税金払う人がいるんかね?なんて書いてたらこれです。

Apache Struts2の脆弱性を突かれて不正アクセス、都税支払いサイトなどからクレジットカード情報72万件が流出した可能性 -INTERNET Watch

セキュリティコードの情報は、カード業界のセキュリティ標準であるPCI DSSによりシステムで保持してはならないことになっているが、今回の不正アクセス被害で調査するまで、セキュリティコードを保持していることをGMO-PGでは認識していなかったとしている。

世の中的にGMOって会社のイメージってどうなんでしょうね?20年ぐらいこの業界でやってると色々と思うところある会社ですけど。とはいえ、もう10年ぐらいはサービス使ってないので今がどうか知りませんがくまがいさん。

東京都から見たときの再委託先がGMO-PGのようですが、こういう場合「こんな業者」を選んだ責任はどこが取るんでしょうか。

で、まぁそれは良いとして、色々見てたら手数料を取る理由が書かれていた。
1万につき73円の手数料を取る理由

クレジットカードによる都税の納付をご利用の場合、手元に現金がなくても支払方法(一括払い・分割払い等)に応じて後払いで納付できること、利用額に応じた「ポイントサービス」等の利益還元が行われることが多いこと等、他の納付方法にはない利益が発生します。そのため、クレジットカード納付を選択した納税者様には、他の納付方法をご利用の納税者様との公平性の観点からクレジットカード納付による立替払システムの利用料として、利用額に応じた手数料を負担いただいております。

東京都がカード会社に払う手数料を負担してくれ、ならまだ分かるけど何この回りくどい言い方。公平性云々言うんだったらカード払いなんか用意しなければ良いじゃ無いの。要はメリットのある手段は用意しません、って宣言してるようなもんなんだから。しかもこれは総務省からの通達なんだそうです。そうですか。

意味不明だしザルだし良いこと何もないですね。

桂文枝ら新開地演芸場開設会見、名称募集しまっせ~

神戸の人間にとって新開地は良く通る駅名だけどわざわざ降りるところでは無いわな。楠公さん行くなら湊川だし。
ただ、昔はその名の通り新開地として非常に栄えた繁華街だった、というのは聞いたことがある。

こちらには寄席がいくつかあるけれども、上方には定席が無かったところに天満に繁昌亭が出来た。もう10年になるらしい。帰省する度に寄ってみたいなと思ったんだけど、わざわざ梅田から南森町まで行くのもねぇ、なんというか京都をささっと歩くより心理的なハードルが高いのよな。単に面倒くさいとも言う。そんな感じで行ったことがないまま10年。

来年の夏に神戸でも出来るのであれば、行ってみたいなという気はしますね。新開地なら格段に行きやすいので。何とも言えない雰囲気も払拭してくれるのか、気になります。

ラムダッシュ ES-SV61というひげ剃りを買ったのが5年弱前らしい。当時いくらだったか忘れたけど、今でも1.3万ぐらいするのな。ちょっと良いのを買っておこうと思ったのを覚えてる。

その後「いくら高速で動いたところで往復型のひげ剃りは限界があるし、回転型に比べれば五月蠅いし剃り心地悪くて良いところ無い」なんてのを読んで「あー、PHILIPSの欲しいなー」と思ったこともあったけど使い続けてた。貧乏性なので。

同じく貧乏性なので、刃を取り替えてない。外刃は1年、内刃は2年で取り替えらしいので、外刃x4+内刃x2 ぐらいは取り替えていなければいけないらしいけどね。だって替え刃は定価で8000円弱、ヨドバシでも5000円ちょっとするのよ。
でも使い続けてると「替え刃の季節ですよマーク」が表示されることがあって。無視してたんだけど、先日、久しぶりに点灯した。

結構長く使ってるからPHILIPS買っても良いかなぁ、でも壊れてる訳でも無いしなぁ、でも替え刃は高すぎるから買う気にならんし…と逡巡してたら、偶々「1000円割るけど剃り味の良いシェーバーがある」という記事を見かけた。

探してみたら確かにありました。800円台の電気シェーバー。定価は2000円ちょっとらしい。ロゼンスターという聞いたことも無いメーカーだけど、これなら騙されてもいいや、ということで購入。少し安っぽいけど単3電池2本を入れて剃ってみます。


右が1.4万、左が850円

あれ、充電出来てなかったかなと思って電池取り替えるぐらい音は低いのだけど、剃ってみると確かに剃れます。剃り終わった後も残る感じは無く、むしろヘッドが従来の半分以下なので口の周りとか首回りとかは剃りやすい気がする。
逆にヘッドが小さいので頬とかは従来より沢山動かさないと剃れないけど、十分実用的ですね。
電池式なのでeneloop で使い続けられるし、これ7つぐらいで従来品の替え刃セット1つと思えばコストパフォーマンスが良い気がします。2週間使ってるけど問題なし。

ということで、当面こいつだな。ただ、尼のレビューにもあったかな、キャップが貧弱なので、カバンに入れたりするとカバンの中が毛だらけになると思う。

お手伝いしてる会社の営業さんが困った顔をしてたので話を聞いてみる。

請求書を送ったら届かなくて帰って来たと。名古屋の会社だそうだ。電話番号に掛けたら別の会社に繋がって「A社はそちらではないですか?」と尋ねたら、「いいえ、Aはありません。ここにあるのは…」と4社か5社言われたらしい。典型的なペーパーカンパニーですね。

で、担当者の携帯番号を知ってたので掛けたら払うから請求先をB社にしてC社に送ってくれ、と。B社は銀座の会社、C社は相模原だそうです。はてはて。

スケベ根性も手伝って、まずは法人番号サイトで検索。登記事項確認はお金かかるけど、法人番号サイトなら無料でとりあえず存在するかどうかは確認できる。

名古屋の会社は名前と住所でちゃんと一致するデータがありますね。なのに郵送物は届かないと。履歴をみると興味深くて、元は品川で別の社名だったようです。社名変更して1週間後に名古屋に移転と。
旧社名で検索すると、あらまぁ怪しげな商売をして金融庁に行政指導くらってました。ほう。

改めてA社のホームページを見ると会社概要に代表者名が書いていません。その代わりに「業務責任者」なる肩書きの人物名が。この名前で検索しても何も無し。そして会社概要の表全体が画像でした。これアカンやつやん。

「とりあえず回収急いで、取引停止だと思うよ」と若い営業さんに諸々伝えて終了。

また何かやらかしたら登記変えてやり続けるのでしょうな。そういえば、昔踏み倒そうとした会社追っかけて法務局ラリーしたことあった。挙げ句に「担当者が勝手に発注した」とか「月1万円の50ヶ月払いで」とか寝惚けたこと言ってたけど。
今はインターネットがあるからもう少し楽に追いかけられるのかなぁ。

「マリカー」商標止められず、任天堂の異議却下

初代のマリオカートは死ぬほどやったんだけど、もう遊びっていうより正しく「自分との戦い」って感じで、自分のクッパのレコードを破ることだけに日々費やしてたんだけど、あ、大学生の時です。「マリオカート」と呼んでて「マリカー」とは呼ばなかったな。なので

特許庁は「(マリカーという略称は)広く認識されているとは認められない」と異議を退けた。

感覚的にそうかなと思う。

件のカートは会社の帰りに歩いていると結構見かけたもので(近頃見ないな)、最初は注目浴びてたけど近頃は飽きられ気味な感じ。それでも日本に来る観光客には楽しいんでしょう。
少々五月蠅いのと、燃料が違うんでしょうか、変な排気ガスの臭いがする以外はさほど気にはしてなかったんだけど、先日の韓国人観光客が歩道突っ切って交番に突っ込んだってニュース見てからはちょいと怖いですね。歩道歩いてて巻き込まれる可能性有るわけだから。キノコダッシュでショートカットとかやめて欲しい。

道交法的には問題ないことをしてるんでしょうが、今後どうなるんでしょうねぇ。

このページのトップヘ